slide 01 slide 02

骨董品の売買は良い業者の見分け方を知ってから行いましょう

骨董品の売買を考えている人は多いですが、骨董品を売ったり買ったりするときに一番重要とされるのは、その真偽です。テレビの鑑定番組で本物だと確信して出品しても、結果は偽物だという事はよくありますし、偽物と思っていたものが現実には本物で、大変な価格になるという事はよく起こります。実際の骨董品の市場でも、このようなことはしょっちゅう起こっています。

例として、買取依頼をした買い取り業者が、偽物なので高く買い取れないと言って安く買い取られたけれど、実は本物で、高値で転売して暴利を得たという事は頻繁に起こっています。また、業者も本物と思って買取ったものが実は偽物であり、大損をしたという事もよくあります。また、本物と思って購入した骨董品が実は偽物ということもよくあります。このように骨董品で偽物を掴まされたり、掴ませたりという事は頻繁に起こります。その上業者ですら本物だと思っていたものが実際は偽物だったという事もよくありますので、慎重に見分ける事が重要ですし、見分ける事も可能ですので、ノウハウを磨くことが重要です。そのため骨董品を売買する場合には、信頼できる業者を選ぶことが最重要です。

信頼できる業者の見分け方はいろいろありますが、骨董品街のようなお店に店を構えている業者は、信用して問題ありません。一方、インターネットでしか営業をしておらず、実店舗を所有していないような業者は強く信頼しない方が無難です。骨董の世界でも専門分野は多岐にわたっています。扱う品は業者によっていろいろなので、専門家に依頼するのが大事なのです。

また、骨董品の査定をしてもらう場合には、複数の業者で鑑定してもらうことが必要です。1つの業者だけでは騙されていることがありますので、こうしたことを避けるために複数の業者で査定してもらいましょう。そして骨董品を購入する際は、それが本物なのか偽物なのか判断する必要がありますが、信じられる業者ならそれ程心配する必要はありません。そうではないシーンでは見分け方をちゃんと知っておく必要がありますので、よく知っている業者などから教えてもらうことが重要です。